【SPECIALTY COFFEE】500g Rwanda Ruli Kare 1.700-2.000m Fully Washed / ルワンダ ルリカレ フリーウォッシュト
56cdb8d23cd4820462003564

【SPECIALTY COFFEE】500g Rwanda Ruli Kare 1.700-2.000m Fully Washed / ルワンダ ルリカレ フリーウォッシュト

¥2,700 税込

送料についてはこちら

  • コーヒー豆のまま(Whole Bean)

  • 粉:中挽き(Ground:Medium-Grind)

Flavor / フレーバー:Cherry, Black Tea, Brown Sugar / チェリー、ブラックティー、ブラウンシュガー Washing Station / 生産処理場:Ruli /ルリ Cooperative / 共同組合:Musasa Dukundekawa / ムササ ドゥクンデカワ Country / 生産国:Rwanda / ルワンダ Elevation / 標高:1.700-2.000m Process / 生産処理:Fully Washed / フリーウォッシュト Variety / 品種:Red Bourbon / レッドブルボン 【コーヒー説明】 Musasa Dukundekawa Cooperative(協同組合) は、Rwanda北西部の標高約2,000 mの"Ruli" という険しい高地に3つのWashing station を持っています。Ruli Washing stationは、Rwanda政府からの開発 ローンと米国国際開発庁(USAID)によって融資された"PEARL Project"の援助で、2003年に建てられた最初のWashing stationです。 実際にRuliのオペレーションは、翌年2004年に始まりました。 このプログラムはルワンダコーヒーにおいて、長年重要視されてきた "量"から "品質"へと切り替えさせました。 そしてその結果、ルワンダコーヒーは、スペシャルティコーヒーマーケット市場で、さらに高く評価されるよう になりました。Rwandaは、1994年に破滅的な大虐殺がありました。このプログラムが広がり、Rwandaの小 規模生産者たちの生産を立て直すためにとても重要なものとなっています。 小規模生産者の農園の広さは、0.25ヘクタール(1ヘクタールの4分の1)未満です。トウモロコシや大豆など の他の作物と一緒に平均250~300本のコーヒーの樹が植わっています。Musasa Dukundekawa協同組合は、彼らの収穫したチェリーを買い付けています。RuliのようなWashing stationが増える以前は、このような小規模生産者のチェリーを仲買人に販売することがルワンダ国内の流通の基本だったため、ルワンダ のコーヒー市場において輸出業者によって支配されていました。 1990年代に世界価格の下落に加えて、この流通システムが生産者へ厳しい苦労をもたらしていました。 今日、それとまったく異なったものとなっています。Musasa Dukundekawa協同組合は、所属する生産者に対して与えらる収 入の以前より少なくとも2倍は支払っており、毎年世界のスペシャル ティコーヒーマーケットにいくつかの素晴らしいコーヒーを輩出して います。 < Ruli Kare の意味> "Kare"はKinyarwanda (Rwanda語)で ”早い" を意味します。Ruli Kareのコーヒーは、4月初旬に収穫されたものより作られたコーヒーです。 また、協同組合名の"Dukundekawa"はKinyarwandaで "コーヒーを 愛そう" という意味です。それは田舎暮らしの貧しい生活を向上させようとする思いを込めて名付けられまし た。 < 生産処理方法 > 生産処理が行われるRuli Washing stationは、急勾配な丘と 谷の中でも最も高い1,999mのところに位置しています。常勤者は17名おり、収穫期には約215人が働いています。ここで はとてもすばらしいコーヒーを生産する能力があります。まず 完全完熟のチェリーのみをセレクトピッキングします。ピッキン グした同日中に比重選別され、パルピングされます。パルピング後、約12時間醗酵させます。それから再度水路にて、ウェッ トパーチメントの比重選別を行います。その後、18~24時間 水に浸されます。 ルワンダ国内のWashing stationのほとんどでは、女性たちが手選別の大部分をまかなっています。手選別は Pre-drying と Drying の2段階で行われます。ウェットパーチメントは、醗酵槽からPre-dryingテーブルへ移さ れ、すぐに集中的に6時間手選別を行います。この状態であれば、未完熟のものがまだ目に見てわかるためです。次にDrying テーブルへ移し、定期的にかき混ぜながら約14日間乾燥させます。このDrying テーブルのある場所には、直射日光や雨を避けるため全体を屋根で覆っています。この乾燥工程の中で、すべての欠点豆を取り除くようにしています。 そして、Kigaliで 最終的な脱穀・手選別が行われる前に、Ruliにある倉庫にドライパーチメン トの状態で保管されます。 

その他のアイテム